みんな夢の中

自作の彫塑紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
にほんブログ村 ブログランキングNo.1
ランキング参加中。お気に召したらクリックお願いします

母の日

Mothers day

    母の日に遠くに嫁いだ娘から手紙がきた
  「何時までも元気で長生きしてね。くれぐれも身体に気をつけて … 」
      封筒の中には 細かく畳んだ紙幣が一枚 入っていた …
  (彫塑‘母の日’中村玄制作 2009.6.29 h27.5×w18.5×d21.5cm)


  「母の日」は日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日である。
母への想いは誰しもが心のなかに想い続けている熱い感謝と憧れの感情であり、
それは歳をとる毎に深く、熱くなっていくもののようである。
一般的にはカーネーションなどが贈られるが、母への感謝の表現は人それぞれである。

私は年老いた母に対する娘の想いを、手紙を受け取った老母のべそをかいたような笑顔
で表現しようとした。彼女は娘からの手紙と細かく畳んだ紙幣をみて胸が一杯になった
のに違いない。
 この場合、紙幣は一万円の新札ではいけない。娘の大切な臍繰りから捻出した使い古し
た紙幣でなければいけない。  「細かく畳んだ紙幣」でそれを表現したつもりである。
  私の母は、原爆で父が死んだあと、貧乏のどん底にあえぎながらも、まだ幼かった我々
を死に物狂いで育て、大学にまで行かせてくれた。
私が医学部6年間、2歳違いの弟は工学部4年間で、二人同時に4年間も大学に行ったの
だから、このときは本当に大変だったろうと思う。
   その母に 私はカーネーション1本も贈ったことがなかった … 
                          何時までも悔やまれることである … 
       

にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
にほんブログ村 ブログランキングNo.1
ランキング参加中。お気に召したらクリックお願いします

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yumenonaka898.blog.fc2.com/tb.php/19-bf5434c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。